最初のバディ カフェを開きます

我々 に取り組んでいる日本で数年間ネパールの反人身売買の仕事についての意識を高めます。 娘サンナは日進、名古屋圏の都市に住んでいる、これに取り組んでいます。 私たちは集会、組織や個人は、ネパールでの仕事のコストに貢献できる後援ネットワークに参加を参照してくださいにビジョンを持っています。 私たちのパートナーが、マーク magnusson 氏とベサニー アセンブリ。

ネパールからハンナは、いくつかの時間と結合されたセンナ同様名古屋に移動しました。 ハンナは、カトマンズに設立された最初の女の子のホステルに来た 30 人の少女の非常に最初のグループの女の子の 1 つだった。 彼女はたった 15 歳だったが、20-2 は、今。 彼女はカトマンズ大学で社会学を勉強し、将来、バディの仕事を導くことを準備しているが、今の彼女はシーズンのため日本では。 彼らは教会や学校を訪問し、人身売買についての意識を作成する作業についての共有します。

今月に日本で最初のバディ カフェのプレオープンの一部であった (と世界でそのことについても、)。 下記のハンナとサンナはプロジェクトに取り組んでいる日本の友人のグループと描かれています。 美香佐藤がカフェを始めるし、仕事のための資金を調達するネパールを訪問した後のビジョンを得た女性です。 彼女はまた友人のバディと呼ばれるネットワークを始めた。

サンナ, 佐藤美香 (バディの Café のための先見の明)、ハンナと佐藤幸治 (ミカの夫)

サンナ ・ ハンナ上岡崎の新しいバディ カフェでネパールから新しいおいしい新鮮な焙煎コーヒーを。 そしてはい、パッケージの前面にハンナの画像がある!灯台基礎ネパールからコーヒーを 30 秒ごと子供が世界のどこかで奴隷に売られている認識を高める「30 2 番目コーヒー」と呼びます。

ここでもスウェーデンで参加でき、ネパールでの仕事を支援する人々 との関係構築に取り組んでいます。 灰のうちのリーダーとして残念なことに、私の最大の欠如は、私海外に長年住んでとアジアで宣教師として働いたスウェーデンの教会の間で多くの連絡先や関係を持っていません。 スウェーデンの 7 年後でも、私はこの大きな欠点を感じる。 ネパールのコストは素晴らしいし、我々 は仕事を進行を保つを助ける必要があります。

Katgmandu の SLC (学校去る証明書) 学生のための良いニュース

数ヶ月前に卒業した SLC 学生の試験にすべて合格し、高い研究を認めています。

SLC の学生より高い調査宛て

 

ミリアム子供が繁栄し、育つ

中心部は 6 ヶ月前を閉じているときに他の女の子の家に統合されていた、ミリアムの赤ちゃん中心部から子供は幸せな小さな子供います。 彼らは学校を愛し、すべては健康を保っています。

幸せな子供は -、ミリアムを子供します。

Best regards,

ホーカン ・ エリカ Gabrielsson


人身売買 – 復元終了が住んでいます。

我々 は、児童買春、性的虐待や少女や女性… 灰の壊れた生命の復元の販売を終結に向けて作業」  

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す