ホーカン&エリカ・ガブリエルソン

ホーカン&エリカ・ガブリエルソン

創設者

非営利組織タッチング・アジア(Touching Asia)の創設者であるホーカン・ガブリエルソンおよびエリカ・ガブリエルソンは、30年余に渡り、アジアでの様々な慈善事業に携わってきました。

2009年2月にネパールでの性奴隷の人身売買の犠牲者を救出し、人生の回復を助ける働きを開始して以来、これまでの年月は、まさに驚くべき事の連続でした。アジア各国における30年間の救済・慈善活動を通して、貧困、不正義、虐待を目の当たりにしてきましたが、私たちはこのアウト・オブ・アッシズ・プロジェクト(Out of Ashes Project=灰からの救出事業)には、これまで経験してきた状況より遥かに重い意味があると実感しています。